BlockFiとは 仮想通貨を預けて高金利 レンディング 資産運用

投資

BlockFiとは、仮想通貨を貸し出すことで高金利が得られるシステムです。

銀行に預けても金利は0.001~0.01%とかが普通ですが、BlockFiなら数%の金利を得られることができます。

100万円貸し出したら年間で数万円も金利が貰えるのは大きいですね。

このレンディングと呼ばれるシステムは、BlockFi以外にもBitBankやCoincheck、Nexo、BITMAXなど他にも色々な所で行われています。

LINEのBITMAXのTwitter公式

基本的には、BTCやETHなどの有名な銘柄はどこでもレンディングの対象となっています。

BlockFiなら約4~8%の金利がつくので、業界最高水準です。

約4~8%と記載しましたが、BlockFiでは、USDC(ステーブルコイン)は金利が高く、約8%となっています。

BTCやETHは、4~6%です。

金利が高いのは良いけど、1番心配なのは安全性だと思います。

日本で有名なリクルートも出資している点は安心できます。

しかし、最近恐ろしいニュースもありました。

レンディングサービスのCredが破産したニュースが流れて、BlockFiユーザーも少し心配になっている人が多そうです。

レンディングに限らず投資は自己責任なので、色々自分で情報を集めて納得がいく形で始めるようにしましょう。

レンディングサービスを分散して使うのもありかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました