python 標準入力 入力された値を計算して出力 リスト化

プログラミング

pythonで入力された値を計算して出力する方法を解説します。

まずは、入力された値aをそのまま出力するのではなく、リスト化する為にbを定義します。

bは、入力された値aをいれる場所です。

3回入力された値がbにリストとして入ります。

その入力された値の中で、1番大きな値を出力する処理です。

最大値を出力するのではなく、bを出力してみます。

入力された値がリスト化されているのがわかります。

次は最大値ではなく、合計を出力してみます。

最大値のmaxを合計のsumに変更するだけで大丈夫でした。

次にリストに要素を追加してみます。

現在、1,2,3が入っていますので、4を追加してみます。

リストbにappendで追加する事ができました。

入力されたデータから欲しい情報を選択して出力できるように練習しましょう。

python input 標準入力 対話処理に関する記事はこちら

1行で複数の標準入力 スペース区切り map関数に関する記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました